善の研究

西田幾多郎 著

本書はいわゆる純粋経験の立場から哲学の全領域にわたって整然と組織された哲学体系である。のちの西田哲学の基礎となり、かつ純粋経験によって知識・道徳・宗教の一切を基礎づけようとする強靭な思惟に貫かれたこの処女作は、明治以後邦人のものした最初の哲学書と言われ、多くの人に迎えられて今日に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

真の実在とは何か、善とは何か、いかに生きるべきか、真の宗教心とは-。主観と客観が分かたれる前の「純粋経験」を手がかりに、人間存在に関する根本の問いを考え抜いた西田幾多郎(1870‐1945)。東洋の伝統を踏まえ、西洋的思考の枠組そのものを問題にした本書は、百年後の今日まで日本の哲学の座標軸であり続ける。

「BOOKデータベース」より

真の実在とは何か、善とは何か、いかに生きるべきか、真の宗教心とは-。主観と客観が分かたれる前の「純粋経験」を手がかりに、人間存在に関する根本の問いを考え抜いた西田幾多郎(一八七〇‐一九四五)。東洋の伝統を踏まえ、西洋的思考の枠組そのものを問題にした本書は、百年後の今日まで日本の哲学の座標軸であり続ける。

「BOOKデータベース」より

西田(1870‐1945)は、主観と客観、精神と物質などをいかに統一するかという哲学上の根本問題の解決を、直接に与えられた純粋経験に求め、そこから出発して知識・道徳・宗教の一切を基礎づけようとした。のちの西田哲学の出発点ともなった本書は、明治以後、日本人の手になる最初の哲学書といわれ、多くの人に迎えられて今日に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 純粋経験(思惟
  • 意思
  • 知的直観)
  • 第2編 実在(考究の出立点
  • 意識現象が唯一の実在である
  • 実在の真景 ほか)
  • 第3編 善(行為
  • 意志の自由
  • 価値的研究 ほか)
  • 第4編 宗教(宗教的要求
  • 宗教の本質
  • 神 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 純粋経験(純粋経験
  • 思惟 ほか)
  • 第2編 実在(考究の出立点
  • 意識現象が唯一の実在である ほか)
  • 第3編 善(行為
  • 意志の自由 ほか)
  • 第4編 宗教(宗教的要求
  • 宗教の本質 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 純粋経験(純粋経験
  • 思惟 ほか)
  • 第2編 実在(考究の出立点
  • 意識現象が唯一の実在である ほか)
  • 第3編 善(行為
  • 意志の自由 ほか)
  • 第4編 宗教(宗教的要求
  • 宗教の本質 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 純粋経験(純粋経験
  • 思惟
  • 意志
  • 知的直観)
  • 第2編 実在(考究の出立点
  • 意識現象が唯一の実在である
  • 実在の真景
  • 真実在は常に同一の形式を有って居る
  • 真実在の根本的方式
  • 唯一実在
  • 実在の分化発展
  • 自然
  • 精神
  • 実在としての神)
  • 第3編 善(行為
  • 意志の自由
  • 価値的研究
  • 倫理学の諸説
  • 善(活動説)
  • 人格的善
  • 善行為の動機(善の形式)
  • 善行為の動機(善の内容)
  • 完全なる善行)
  • 第4編 宗教(宗教的要求
  • 宗教の本質
  • 神と世界
  • 知と愛)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 純粹經驗 / 1
  • 第一章 純粹經驗 / 1
  • 第二章 思惟 / 16
  • 第三章 意志 / 33
  • 第四章 知的直觀 / 52
  • 第二編 實在 / 61
  • 第一章 考究の出立點 / 61
  • 第二章 意識現象が唯一の實在である / 71
  • 第三章 實在の眞景 / 81
  • 第四章 眞實在は常に同一の形式を有つて居る / 89
  • 第五章 眞實在の根本的方式 / 96
  • 第六章 唯一實在 / 104
  • 第七章 實在の分化發展 / 112
  • 第八章 自然 / 121
  • 第九章 精神 / 131
  • 第十章 實在としての神 / 144
  • 第三編 善 / 153
  • 第一章 行爲上 / 153
  • 第二章 行爲下 / 162
  • 第三章 意志の自由 / 168
  • 第四章 價値的硏究 / 178
  • 第五章 倫理學の諸說其一 / 184
  • 第六章 倫理學の諸說其二 / 191
  • 第七章 倫理學の諸說其三 / 198
  • 第八章 倫理學の諸說其四 / 206
  • 第九章 善(活動說) / 219
  • 第十章 人格的善 / 228
  • 第十一章 善行爲の動機(善の形式) / 237
  • 第十二章 善行爲の目的(善の內容) / 244
  • 第十三章 完全なる善行 / 255
  • 第四編 宗敎 / 263
  • 第一章 宗敎的要求 / 263
  • 第二章 宗敎の本質 / 270
  • 第三章 神 / 279
  • 第四章 神と世界 / 297
  • 第五章 知と愛 / 308

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 善の研究
著作者等 西田 幾多郎
書名ヨミ ゼン ノ ケンキュウ
書名別名 Zen no kenkyu
出版元 岩波書店
刊行年月 1929
版表示 [再版]
ページ数 314p
大きさ 19cm
ISBN 4003312414
NCID BA49717874
BB05916757
BB08638832
BB10778947
BN0091042X
BN01459545
BN11177142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49001001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
善の研究 西田 幾多郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想