エミール  上

ルソー 著 ; 今野一雄 訳

「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる」という冒頭の言葉が示すように、ルソー(1712‐78)一流の自然礼讃、人為排斥の哲学を教育論として展開した書。ある教師がエミールという一人の平凡な人間を、誕生から結婚まで、自然という偉大な教師の指示に従って、いかに導いてゆくかを小説の形式で述べてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 解説 / p3
  • 序 / p17
  • 第一編 / p23
  • 第二編 / p97
  • 第三編 / p283
  • 原注 / p379
  • 訳注 / p397

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 エミール
著作者等 Rousseau, Jean-Jacques
今野 一雄
ルソー
書名ヨミ エミール
書名別名 Emiru
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1962
版表示 改版
ページ数 405p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4003362217
NCID BA83656080
BN00907651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62006637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想