流通革命新論

林周二 著

[目次]

  • 目次
  • 執筆に際して
  • 序論 システム変革の論理
  • A 基本的な考え方(1) / p4
  • B 基本的な考え方(2) / p12
  • I 流通経済政策の急務
  • 第1章 これまで流通問題はどう扱われてきたか / p24
  • A いわゆる「流通革命」論議 / p24
  • B 商業・販売および流通 / p33
  • C 流通設備が意味するもの / p42
  • 第2章 わが国で「流通革命」はなぜ必要であるか / p53
  • A 物価問題と流通問題 / p53
  • B 流通面における労働力 / p68
  • 第3章 これに対する「政策」は十分といえるか / p79
  • A 企業努力の限界点 / p79
  • B ファルクラムとしての流通 / p88
  • C ぱらぱらな政策主体(1) / p98
  • D ばらばらな政策主体(2) / p107
  • II 流通機構の現状と問題点
  • 第4章 各種流通機構の現状はどうなっているか / p114
  • A 商品流通機構の現状 / p114
  • B フィジカル・チャネルの現状 / p126
  • 第5章 きたるべき流通秩序をどう見たらよいか / p140
  • A 大量流通の意味するもの / p140
  • B 大売店と専門店 / p152
  • C フィジカルな流通の展望 / p164
  • D 国民生活への影響 / p172
  • 第6章 流通経済をどんな「理論」で考えるべきか / p179
  • A 規模の経済の原則 / p179
  • B 流通機能の自立の原則 / p186
  • C 流通分業の原則 / p192
  • D 鍵になる価格競争 / p197

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 流通革命新論
著作者等 林 周二
書名ヨミ リュウツウ カクメイ シンロン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1964
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4121000420
NCID BN0090054X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64008753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想