法王庁と国際政治

小林珍雄 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 宗敎と政治 / p1
  • カトリック敎會の諸方面への現われ-宗敎と政治との原理的關係-現代における政敎分離制度-戰後の新傾向
  • 第二章 國際政局とキリスト敎 / p17
  • 二つの世界-世界文化の三つの型-分水嶺としてのキリスト敎-キリスト敎の常識-世界の宗敎統計-鐵のカーテンの彼方のキリスト敎徒
  • 第三章 ローマ法王廳と國際政治 / p26
  • 第一次大戰後における法王廳の國際的地位の向上-法王廳と諸國との外交使節交換-政敎條約-日本と法王廳との關係-新「コンコルダート時代」-法王廳の組織-十聖二省布教聖省-東方教會-法王廳國務長官-ヴァチカン外交の祕訣-法王廳裁判所-委員會-その他の官署-法王廳の公文書-樞機卿と法王選擧-傳統主義
  • 第四章 社會主義・共産主義とカトリシズム / p50
  • この二つは握手すべきか-古代・中世における社會主義とカトリシズムとの關係-ロシアにおける宗敎と政治-ソ聯における宗敎と政治
  • 第五章 社會的カトリシズムの問題 / p71
  • 法王の社會的囘勅-人間觀の相異-いわゆるキリスト敎政黨-教會と政黨-社會的カトリシズムとは何か-敎會の社會的活動への反對論-カトリック社會政策-キリスト敎的國家觀-職分的社會秩序-生產手段の所有の問題(集產主義に對する分產主義)-家族の復興
  • 第六章 敎會と國家との關係の歴史と理論 / p90
  • 政敎關係の歴史-第一期より第七期-國家の敎會支配を是認する理論-國家の敎會支配權の內容-政敎關係の理論-國家觀と敎會觀-この二つの協力關係-敎會の俗事に對する指導權・直接權・間接權
  • 第七章 世界平和とカトリシズム / p110
  • 戰爭放棄の理論-平和の哲學-國際道義とカトリシズム-カトリックの平和のための努力-カトリック的世界平和案
  • 第八章 信仰にもとづく政治 / p138
  • 現代における不信仰と宗敎復興-現代の不安-カトリック的人生地圖-現代人が敎會をきらう理由-不信仰にもとづく政治から、信仰にもとづく政治へ

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法王庁と国際政治
著作者等 小林 珍雄
書名ヨミ ホウオウチョウ ト コクサイ セイジ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
ページ数 153p
大きさ 18cm
NCID BN00899939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60007512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想