「拡大志向」の日本人

朴俊煕 著

「甘え」は「曲げられた拡大志向」、「縮み」は「抑えられた拡大志向」だ。躍進と挫折をくり返す日本の謎を、従来の三大日本人論を起点に、個人・社会・国家に底通する深層モチーフ-「拡大志向」により解明し、貿易摩擦からお辞儀まで無数の社会・文化現象を縦横に分析した話題の日本人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「拡大志向」の発見
  • 「拡大志向」の表と裏
  • 「拡大志向」の心理と病理
  • 「拡大志向」の理念
  • 「拡大志向」の自覚

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「拡大志向」の日本人
著作者等 朴 俊煕
書名ヨミ カクダイ シコウ ノ ニホンジン
書名別名 Kakudai shiko no nihonjin
出版元 東信堂
刊行年月 1986.11
ページ数 244p
大きさ 20cm
NCID BN00897514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87041311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想