現代の植民地主義

具島兼三郎 著

[目次]

  • 目次
  • 一 現代と植民地主義 / p1
  • イ 暗い過去 / p4
  • 一 植民地主義の主要な担い手が商人であった時代 / p5
  • 資源の収奪と貿易の独占
  • 奴隷売買
  • 土地の収奪
  • 苛酷な徴税
  • 単一栽培
  • 二 産業資本家が商人に代って植民地主義の主要な担い手となった時代 / p15
  • 「自由貿易」
  • 手工業の破壊
  • 大飢饉
  • 奴隷制度の廃止
  • 三 金融資本家が植民地主義の主要な担い手として登場した時代 / p23
  • 帝国主義
  • 世界分割
  • 世界戦争
  • ロ 没落と破滅の時代 / p28
  • ハ 前進を阻む諸条件 / p41
  • 一 植民地や半植民地の政治的、経済的変化と民族解放運動の発展 / p42
  • 二 被圧迫諸民族の団結と協力 / p47
  • 三 社会主義圏の成長とその後進国援助 / p49
  • 四 国連における反植民地主義勢力の強化 / p60
  • 二 現代植民地主義の選手 / p63
  • イ みえない帝国 / p80
  • ロ 「独立」の擁護 / p89
  • 一 モンロー主義 / p89
  • 二 ヘイの門戸開放宣言 / p93
  • 三 ウィルソンの民族自決主義 / p95
  • 四 ダレス・ドクトリン / p98
  • ハ 征服者としてでなく、同盟者として / p106
  • 内政干渉の合法化
  • 他国経済の軍事化
  • 軍事援助による支配
  • 他国の軍隊にたいする支配
  • ニ 「経済援助」という名の支配 / p122
  • 西ヨーロッパ諸国にたいする「経済援助」
  • 資金の「贈与」による支配
  • 物資の「贈与」による支配
  • 「借款」による支配
  • 「援助」物資の組み合せや価格操作を通じての支配
  • 共産圏貿易の制限
  • 後進地域にたいする「経済援助」
  • 社会主義世界の一部にたいする「経済援助」
  • ホ クーデター・プロデューサー / p150
  • グァテマラ事件
  • ヨルダン・クーデター
  • 四 西ヨーロッパの後退と抵抗 / p157
  • 五 社会主義国間の関係と植民地主義 / p171
  • 六 むすび-日本における植民地主義 / p189
  • 日米安全保障体制
  • 軍事援助
  • 経済援助
  • 沖縄と小笠原

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の植民地主義
著作者等 具島 兼三郎
書名ヨミ ゲンダイ ノ ショクミンチ シュギ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1958 2刷
ページ数 210p
大きさ 18cm
NCID BN00888943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59001051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想