日本鉄鋼業史研究 : 鉄鋼生産構造の分析を中心として

堀切善雄 著

本書における「鉄鋼生産構造」という概念は、著者がその技術史的分析を遂行するために設定した方法概念である。本書では、日本鉄鋼業の生産構造の分析を、とりわけ、銑鉄生産と鋼鉄生産とのかかわりに集中して行った。それは、この問題を解く鍵が主としてここに潜むと考えたからに外ならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本書の課題
  • 第2章 分析の方法(分析視角の設定
  • 方法概念としての鉄鋼生産構造)
  • 第3章 日本鉄鋼生産構造の分析(銑鉄生産部門の存在形態
  • 八幡製鉄所における低珪素銑製造法の研究
  • 鞍山製鉄所の銑鉄生産技術
  • 鋼鉄生産部門の存在形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本鉄鋼業史研究 : 鉄鋼生産構造の分析を中心として
著作者等 堀切 善雄
書名ヨミ ニホン テッコウギョウシ ケンキュウ
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1987.3
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4657873040
NCID BN00888364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87029899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想