現代の青年像

見田宗介 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 3
  • 1 生き甲斐をどこに見出すか / 11
  • 幸福の牧場
  • 生き甲斐の統計
  • 結婚転向・子供転向
  • 勤労婦人と家庭婦人
  • 一家の柱と人生の柱
  • 高校生と大学生
  • 生き甲斐の年齢的変化
  • 地方による生き甲斐の型
  • 職業と生き甲斐
  • 勤労少年のレジャー志向
  • 教育歴による影響
  • 生き甲斐と政治意識
  • 2 何をいちばん求めているか / 37
  • 中心的な欲求の所在
  • 住の飢餓
  • 山陰につよい家族主義
  • ハイティーンの孤独
  • 都市周辺の落差の感覚
  • 年齢による欲求の変化
  • 保護責任と経済欲求
  • 職業による欲求の型
  • 零細企業労働者の疎外感
  • 支持政党と欲求の型
  • 共産党支持層の型
  • 公明党支持層の型
  • 3 この世でいちばん大切なもの / 63
  • 価値の散乱
  • 健康・愛情・仕事・自由・財産
  • 日常性に内在する価値
  • 一五で自由・二〇で愛情・三〇で仕事
  • ふるさとのアンビヴァレンス
  • 大学生の精神主義
  • 自分・家庭・会社・国家・人類
  • 天下国家を論ずる青年
  • 父母・夫妻・子供・恋人・友人
  • 山陽・山陰は子供大切
  • 「生き甲斐」と「大切なもの」の位相差
  • 4 悩んでいること / 83
  • 物価・収入・税金・時間
  • 住宅・道徳・健康・交通
  • 悩みが「ない」ということの意味
  • 「一番切実な悩み」の所在
  • 悩みの年齢的変化
  • ハイティーンは「時間」が一位
  • 高校生は勉学と時間と孤独
  • 毎日の生活にハリがない
  • 都市の悩みと農村の悩み
  • 京阪神の経済感覚
  • 専門・自由業は「時間」の悩み
  • 反体制意識の拡散
  • 商店・飲食店員の悩み
  • 5 悩みをどう解決するか / 107
  • 「私的」な解決と「公的」な解決
  • 「私的な悩み」と「公的な悩み」
  • 自分の努力と家族の努力
  • 「政府の施策」への期待
  • 年齢による解決の発想の変化
  • 若い世代と「自分の努力」
  • 西南日本の自力解決主義
  • 大阪人の変革志向
  • 農民の像の転回
  • 支持政党と解決法
  • さまよえる変革の志
  • 悩みの型のコントロール
  • 「住宅」問題への対応
  • 「収入」問題への対応
  • 悩みの種類と支持政党
  • 自力解決主義と保守性
  • 各政党支持層の期待
  • 6 いまの社会で腹が立つこと / 141
  • 政治意識の底にあるもの
  • 倫理的な不正の感覚
  • 国境をこえた共感能力
  • 「ベトナム」への怒りの性格
  • 職場の若い女性の不満
  • 差別と不平等への怒り
  • 男性は「汚職」女性は「物価」
  • 都市の怒りと農村の不満
  • 理念の怒りと被害の感覚
  • 衣食足って礼節を嘆く
  • 職業による不満の特質
  • 不満の所在と支持政党
  • 7 日本の社会をどうするか / 163
  • 社会体制の理想像
  • 理想社会実現の障害
  • 理想社会実現の手段
  • 各政党の支持者の性格
  • 昭和九年と一〇年の間
  • 脱保守と脱革新と
  • 批判層かアパシー層か
  • 働く婦人は社会党
  • 大都市では革新優位?
  • 大阪人のシニシズム
  • 階級利害の純粋化
  • 利害革新と理念革新
  • 零細企業では自民がリード
  • 勤労青少年の空白
  • あとがき / 196
  • 図表目次 / 199

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の青年像
著作者等 見田 宗介
書名ヨミ ゲンダイ ノ セイネンゾウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1968
ページ数 202p 図版
大きさ 18cm
NCID BN00875384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68001618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想