神は老獪にして… : アインシュタインの人と学問

アブラハム・パイス 著 ; 金子務 ほか訳

本新刊書で、アブラハム・パイスは、戦後数年間をアインシュタインと共に研究した秀れた物理学者として、アインシュタインの全著作の発展を跡づける。アインシュタイン科学をその成功と失敗の両面にわたって包括的にも奥深く扱った初めての書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論(相対論と量子論
  • 若き物理学者の肖像)
  • 2 統計物理学(エントロピーと確率
  • 分子の実在性)
  • 3 特殊相対性理論(神は老獪にして
  • 新しい運動学
  • 歴史の縁)
  • 4 一般相対性理論(わが生涯で最も素晴らしい考え
  • プラハの論文
  • アインシュタイン-グロスマンの共同研究
  • 重力の場の方程式)
  • 5 その後の旅路(「突然有名になったアインシュタイン博士」
  • 統一場理論)
  • 6 量子力学(光量子
  • アインシュタインと比熱
  • 光子
  • アイデンティテイの喪失-量子統計の誕生
  • 過渡期の人、アインシュタイン-波動力学の誕生)
  • 7 旅路の終り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神は老獪にして… : アインシュタインの人と学問
著作者等 Pais, Abraham
中沢 宣也
太田 忠之
岡村 浩
西島 和彦
金子 務
パイス アブラハム
書名ヨミ カミ ワ ロウカイ ニ シテ
書名別名 "Subtle is the Lord…"
出版元 産業図書
刊行年月 1987.1
ページ数 742p
大きさ 22cm
ISBN 4782800355
NCID BN00870154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87053560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想