資本論  10 (第3巻 第3分冊)

カール・マルクス [著] ; 資本論翻訳委員会 訳

[目次]

  • 第5篇 利子と企業者利得とへの利潤の分裂。利子生み資本(利子生み資本
  • 利潤の分割、利子率、利子率の「自然」率
  • 利子と企業者利得
  • 利子生み資本の形態における資本関係の外面化
  • 信用と架空資本
  • 貨幣資本の蓄積。それが利子率におよぼす影響
  • 資本主義的生産における信用の役割
  • 通流手段と資本。トゥックとプラートンとの見解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本論
著作者等 Marx, Karl
日本共産党中央委員会付属社会科学研究所
資本論翻訳委員会
マルクス カール
書名ヨミ シホンロン
書名別名 第3巻

Shihonron
巻冊次 10 (第3巻 第3分冊)
出版元 新日本出版社
刊行年月 1987.6
ページ数 p571~798
大きさ 18cm
ISBN 4406015221
NCID BN00862768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87046887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想