雲の物理 : 雲粒形成から雲運動まで

高橋劭 著

[目次]

  • 序章 雲物理とは
  • 1章 凝結核
  • 2章 水滴の凝結成長
  • 3章 水滴の併合成長
  • 4章 氷晶核
  • 5章 氷晶
  • 6章 雪片
  • 7章 霰
  • 8章 雹
  • 9章 雲力学の基礎方程式の導出
  • 10章 飛行機観測装置
  • 11章 降雨・降雪機構
  • 12章 人工降雨
  • 13章 雷

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 序章 雲物理とは / 3
  • 1章 凝結核
  • 1.1 凝結核の活性化 / 6
  • 1.2 エーロゾルの粒度分布 / 10
  • 1.3 エーロゾルの化学成分 / 13
  • 1.4 エーロゾルのモニター / 14
  • 2章 水滴の凝結成長
  • 2.1 凝結成長方程式 / 17
  • 2.2 放射冷却による効果 / 21
  • 3章 水滴の併合成長
  • 3.1 併合成長方程式 / 23
  • 3.2 衝突係数(計算) / 26
  • 3.3 衝突係数(実験) / 30
  • 3.4 付着係数 / 32
  • 3.5 衝突分裂 / 34
  • 3.6 雨滴の自然分裂 / 35
  • 4章 氷晶核
  • 4.1 氷晶核の活性化(理論) / 39
  • 4.2 氷晶核の活性化(実験) / 44
  • 4.3 氷晶核カウンター / 46
  • 4.4 天然氷晶核 / 49
  • 4.5 氷晶増殖 / 51
  • 5章 氷晶
  • 5.1 氷晶の形 / 52
  • 5.2 氷晶の成長 / 55
  • 6章 雪片
  • 6.1 雪片の成長 / 59
  • 6.2 雪片の構成 / 61
  • 7章 霰
  • 7.1 着氷 / 62
  • 7.2 霰の形成 / 64
  • 8章 雹
  • 8.1 雹の形 / 68
  • 8.2 雹の構造 / 70
  • 8.3 雹の成長 / 72
  • 8.4 雹の融解 / 75
  • 9章 雲力学の基礎方程式の導出
  • 9.1 運動方程式 / 79
  • 9.2 拡散の項 / 80
  • 9.3 雲の微物理過程の導入 / 83
  • 10章 飛行機観測装置
  • 10.1 風速 / 89
  • 10.2 気圧,気温,湿度 / 92
  • 10.3 雲水量 / 93
  • 10.4 雲粒・氷晶の検出 / 94
  • 10.5 粒径分布 / 94
  • 11章 降雨・降雪機構
  • 11.1 浅い対流(水雲) / 101
  • 11.2 大陸性の冬の浅い積雲 / 115
  • 11.3 海洋性の冬の浅い積雲 / 117
  • 11.4 比較的背の高い夏の積雲 / 118
  • 11.5 前線に伴う雲の降雪機構 / 119
  • 11.6 スーパーセル / 121
  • 11.7 熱帯の積乱雲 / 126
  • 11.8 降雨・降雪機構のまとめ / 127
  • 12章 人工降雨
  • 12.1 過冷却雲の消散 / 130
  • 12.2 温かい雲 / 132
  • 12.3 雪雲 / 133
  • 12.4 都市化と気候変動 / 136
  • 13章 雷
  • 13.1 雷雲内の電気的構造 / 138
  • 13.2 雷雲の発達と電気活動 / 142
  • 13.3 電荷の主な荷い手 / 142
  • 13.4 着氷実験 / 148
  • 13.5 冬の雷の数値計算 / 149
  • おわりに / 156
  • 附録 浅い対流に関する基礎方程式 / 157
  • 参考文献 / 160
  • 索引 / 168

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雲の物理 : 雲粒形成から雲運動まで
著作者等 高橋 劭
書名ヨミ クモ ノ ブツリ
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 第2期 4
出版元 東京堂
刊行年月 1987.2
ページ数 172p
大きさ 22cm
ISBN 4490201125
NCID BN00862054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想