内面世界に映る歴史 : ゲーテ時代ドイツ文学史論

柴田翔 著

この二十数年にわたって執筆された、ゲーテを中心とするドイツ文学論集。『ファウスト』や『親和力』などの作品の内実と、歴史状況の関わりに光を当てる刺激溢れる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 変動期のドイツ文学-1759年から1832年まで
  • 第1部 旧秩序の内的崩壊と理性の試み(表現できないことを表現する言葉-レッシング『ラオコーン』の意味と限界
  • 歴史の転回と文学的営為-『エミーリア・ガロッティ』試論)
  • 第2部 全的変動の予感-1770年から1789年まで(「行為」とメフィストーフェレスの出現-『ファウスト第1部』「書斎の場1」をめぐって
  • グレートヒェンは何故歌うか
  • 『ファウスト』翻訳上の小問題
  • ゲーテにおける『ヴェルテル』の位置
  • 内面世界に映る歴史-『タウリスのイフィゲーニエ』試論)
  • 第3部 流動する世界のなかで-1790年から1806年まで(18世紀末ドイツ文学における宗教の位置-ノヴァーリスとゲーテの場合
  • 神々のエゴイズムと魂の空間-『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』試論
  • 『大コフタ』あるいは古典的調和の終り
  • ノヴァーリス『夜の讃歌』覚書
  • ノヴァーリス「夜」と政治思想)
  • 第4部 秩序と自然-1807年から1832年まで(ゲーテにおける「アメリカ」
  • 『親和力』研究-西欧近代の人間像の追求とその崩壊の認識
  • 思考実験空間と宇宙の調和-『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』試論
  • 共同性と沈黙-ゲーテの二重性)
  • 附論(日本における西欧文学研究についての一考察
  • 研究と感動
  • 翻訳再考-『ファウスト第1部』新訳を終えて
  • 反文化としての芸術または全体小説の偽造性について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内面世界に映る歴史 : ゲーテ時代ドイツ文学史論
著作者等 柴田 翔
書名ヨミ ナイメン セカイ ニ ウツル レキシ
書名別名 Naimen sekai ni utsuru rekishi
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.12
ページ数 547p
大きさ 22cm
ISBN 4480835814
NCID BN00861641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想