超微粒子とは何か

川村清 著

数ミクロン〜数十オングストロームというオーダーの微細な粒子-超微粒子は、微細であるがゆえに、目に見える物質とは異なる様々の不思議な性質をもっています。例えばステンドグラスの美しい色の秘密は、その中に含まれている金属の超微粒子によっているのです。本書では、近年さまざまな分野で注目されている超微粒子について、その美しい構造や、電子の状態、磁性、超伝導などの最先端の話題をとりあげ、やさしく解説しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「超微粒子」とは
  • 1 ステンドグラスの色の秘密-金属微粒子の光吸収
  • 2 超微粒子の造形美-超微粒子の外形と結晶構造
  • 3 超微粒子はあたためやすくソフトである-超微粒子中の原子の運動
  • 4 金属超微粒子は金属か-金属超微粒子中の伝導電子の量子状態
  • 5 超微粒子は磁石になるか-超微粒子の磁性
  • 6 超微粒子は超伝導になるか-超微粒子のマイスナー効果とオーダーパラメーターのゆらぎ
  • 7 より小さく、より軽く-超微粒子からクラスターへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超微粒子とは何か
著作者等 川村 清
書名ヨミ チョウビリュウシ トワ ナニ カ
書名別名 Chobiryushi towa nani ka
シリーズ名 Frontier science series 12
出版元 丸善
刊行年月 1987.2
ページ数 169p
大きさ 19cm
ISBN 4621031511
NCID BN00859548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想