新しいキルケゴール

村瀬学 著

「実体」と「差異」の転倒構造とは何か。キルケゴールの現代性を読み解く書き下し論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人生に「謎」ありやなしや
  • 2 新しい作品解読の試み(『イロニーの概念』-解釈の多義性をめぐって
  • 『あれか、これか』
  • 『反復』-二重人あるいは自己複製論
  • 『おそれとおののき』-殺人論
  • 『哲学的断片』-生成あるいは宇宙論
  • 『不安の概念』-離反・心的離反論
  • 『人生行路の諸段階』
  • 『死に至る病』-多者あるいは自己複数論)
  • 3 弁証法・実存・多者の方へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しいキルケゴール
著作者等 村瀬 学
書名ヨミ アタラシイ キルケゴール
書名別名 多者あるいは複数自己の理論を求めて
出版元 大和書房
刊行年月 1986.11
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4479720243
NCID BN00853825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想