聖と俗 : 宗教的なるものの本質について

ミルチャ・エリアーデ 著 ; 風間敏夫 訳

[目次]

  • 序言(聖なるものはみずから顕われる
  • ふた通りの「世界のなかに在ること」 ほか)
  • 第1章 聖なる空間と世界の浄化(空間の均質性と聖体示現
  • 神体示現と徴表 ほか)
  • 第2章 聖なる時間と神話(俗なる時間持続と聖なる時間
  • templum(寺院)-tempus(時間) ほか)
  • 第3章 自然の神聖と宇宙的宗教(天の神聖と天上の神々
  • 遥かなる神 ほか)
  • 第4章 人間の生存と生命の浄化("世界に開かれた"生存
  • 生の浄化 ほか)
  • 付録 宗教学の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖と俗 : 宗教的なるものの本質について
著作者等 Eliade, Mircea
風間 敏夫
エリアーデ ミルチャ
書名ヨミ セイ ト ゾク
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1969
版表示 新装版
ページ数 258, 15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-09976-2
NCID BB14484777
BN00851240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74006693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想