魔性の歴史 : マクロ経営学からみた太平洋戦争

森本忠夫 著

GNP比にして約十六倍の米国に対して総力戦を挑んだ大日本帝国の指導者たちは太平洋戦争をどのように考えていたのか?当時は海軍の一航空隊員であり、ソ連・東欧ウオッチャーとして活躍中のエコノミストが、戦時中の日米経済格差を生産力、輸送力、開発力など徹底的に比較検証し、矛盾に満ちた狂気の歴史を再照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • れくいえむ "雲よ、波よ、大地よ"
  • 第1章 刺すべき心臓のない国
  • 第2章 資源と輸送と海上護衛と
  • 第3章 幻の不沈空母
  • 第4章 胡蝶の夢
  • 第5章 侏儒とアトラスと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔性の歴史 : マクロ経営学からみた太平洋戦争
著作者等 森本 忠夫
書名ヨミ マショウ ノ レキシ
書名別名 Masho no rekishi
出版元 文芸春秋
刊行年月 1985.2
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4167468026
NCID BN00839788
BN06749837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85032318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想