雲の評定 : 哲学と文学の間に

森進一 著

在りし日の古典学徒のきびしくも暖かい風貌を伝え、古典世界の哲学と文学の深い知慧を声低く語る好哲学エッセイ。追悼 田中美知太郎先生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 雲の評定(私のソクラテス
  • プラトンとの対話
  • 田中美知太郎先生を悼む
  • 田中先生の演習)
  • 2 古典の世界から(古典の言葉
  • 古典の世界から
  • 『饗宴』のアルキビアデス
  • 慎みの心(アイドース)の回復
  • 偶然を超えるもの)
  • 3 遠い目(身辺記
  • 佐久間象山をめぐって
  • 三たび肱を折りて良医たることを知る
  • 「東洋の道徳、西洋の芸」をめぐって
  • 安政元年3月27日夜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雲の評定 : 哲学と文学の間に
著作者等 森 進一
書名ヨミ クモ ノ ヒョウテイ
書名別名 Kumo no hyotei
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.12
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 448081230X
NCID BN00839755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87012124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想