経済数学の手ほどき

稲田献一 著

[目次]

  • 目次
  • 経済学と数学 / p9
  • I ベクトルと行列 / p17
  • はじめに / p18
  • 第1章 ベクトル / p28
  • 1.1 ベクトルの座標表示と演算 / p28
  • 1.2 ベクトルの一次独立性 / p31
  • 1.3 部分空間 / p34
  • 1.4 一次変換 / p37
  • 第2章 行列 / p42
  • 2.1 一次変換と行列表示 / p42
  • 2.2 行列の演算 / p48
  • 2.3 行列の階数 / p52
  • 第3章 行列式 / p54
  • 3.1 平行四辺形の面積と行列式 / p54
  • 3.2 行列式の定義 / p59
  • 3.3 行列式の性質 / p64
  • 3.4 行列式の展開 / p70
  • 第4章 連立一次方程式 / p75
  • 4.1 逆行列 / p75
  • 4.2 連立一次方程式 / p83
  • 第5章 行列の固有値と二次形式 / p90
  • 5.1 行列の固有値と固有ベクトル / p90
  • 5.2 行列の標準形 / p94
  • 5.3 非負行列 / p99
  • 5.4 二次形式 / p102
  • II 微分積分 / p117
  • はじめに / p118
  • 第1章 微分 / p122
  • 1.1 関数 / p122
  • 1.2 極限 / p123
  • 1.3 関数の連続性 / p127
  • 1.4 関数の微分 / p128
  • 1.5 平均値の定理 / p140
  • 1.6 高次の微分と微係数 / p141
  • 1.7 関数の極大と極小 / p146
  • 1.8 多変数の関数と偏微分 / p150
  • 1.9 多変数関数の極大と極小 / p154
  • 1.10 制約条件付きの極大と極小 / p158
  • 1.11 合成関数の微分 / p163
  • 1.12 同次関数 / p164
  • 1.13 陰関数の微分 / p166
  • 1.14 経済学への応用 / p168
  • 第2章 積分 / p176
  • 2.1 積分 / p176
  • 2.2 二重積分 / p181
  • 第3章 微分方程式 / p185
  • 3.1 経済動学 / p185
  • 3.2 複素数 / p187
  • 3.3 微分方程式 / p190
  • 3.4 線型微分方程式 / p192
  • 3.5 連立微分方程式 / p199
  • 3.6 経済学への応用 / p202
  • 第4章 定差方程式 / p208
  • 4.1 経済学における数学の効用 / p208
  • 4.2 定差方程式 / p211
  • 4.3 線型定差方程式 / p215
  • 4.4 連立定差方程式 / p217
  • おわりに / p223
  • あとがき / p224
  • (付)公式集 / p225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済数学の手ほどき
著作者等 稲田 献一
書名ヨミ ケイザイ スウガク ノ テホドキ
書名別名 Keizai sugaku no tehodoki
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1965
版表示 19版
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4532010535
NCID BA48828654
BN00836746
BN05582022
BN05933513
BN08050482
BN12403076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66003496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想