バイオエシックスとは何か

加藤尚武 著

[目次]

  • バイオエシックスとは何か(価値の永遠性と歴史性
  • 倫理意識の実在的な根
  • 生命意識と功利主義
  • 受精卵の法的地位
  • 安楽死と自殺幇助
  • 脳死と「死」概念の一義性
  • 戦争と倫理
  • 人類愛という偏見
  • 公害倫理の世代問題
  • 反科学の可能性)
  • テクノロジーとしての医療(医学のステイタスと不確実性
  • インフォームド・コンセントの成立条件と限界
  • 男女生み分け技術
  • 出生前治療
  • テクノロジー・アセスメント
  • 功利主義の功罪
  • 人体実験と自己決定権
  • タブーとしての死
  • 「治療」の定義
  • 医療の解放と第三者介入の問題点
  • いい医者とは?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオエシックスとは何か
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ バイオエシックス トワ ナニカ
書名別名 Baioeshikkusu towa nanika
出版元 未来社
刊行年月 1986.12
ページ数 182p
大きさ 20cm
ISBN 4624010825
NCID BN00824780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想