明治日本とニコライ大主教

ドミートリー・マトヴェーヴィチ・ポズニェーエフ 著 ; 中村健之介 編訳

幕末の日本に単身で渡来し、明治期を通して日本にギリシア正教を布教したニコライ大主教。さまざまな迫害に臆することなく困難をのりこえ、不屈の闘志と神への献身と日本人への愛をもって大いなる事業をなした。聖書を日本語に訳し教会の鐘を鳴らし日本人の心に、新しい信仰の火をともした。自らの使命に燃焼し尽した感動の生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ニコライ大主教の事業
  • 2 函館時代
  • 3 日本における正教の布教
  • 4 正教日本宣教団の組織
  • 5 宣教の困難とニコライの理念
  • 6 日本とロシアの親近をはかって
  • 7 日露戦争時の日本の教会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治日本とニコライ大主教
著作者等 Pozdneev, Dmitrii Matveevich
中村 健之介
講談社出版研究所
ポズニェーエフ
書名ヨミ メイジ ニホン ト ニコライ ダイシュキョウ
書名別名 Архиепископ Николай Японский

Meiji nihon to nikorai daishukyo
シリーズ名 もんじゅ選書 25
出版元 講談社
刊行年月 1986.11
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 4061922793
NCID BN00820280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想