日本古文書学論集  1

日本古文書学会 編

総論1として、百年の歴史をもつ日本古文書学の展開過程を跡付けた。草創期の明治より今日にいたるまでの古文書学全般にわたる多彩な研究の中から、これまで等閑視されていたヨーロッパ古文書学を含め、18篇の基本的な論文を収録した。本書は、古文書学に関心をもつ人々にとって、まずはじめに繙かねばならない必読の一書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明治における古文書学
  • 第2章 日本と外国における古文書研究の歴史
  • 第3章 時代別古文書論
  • 第4章 書風・墨色・鑑定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 三浦 周行
中井 信彦
久米 邦武
伊木 寿一
坪井 九馬三
大野 瑞男
宝月 圭吾
宮本 聰
日本古文書学会
星野 恒
猪刈 秀一
石井 進
鎌田 永吉
高橋 正彦
鵜川 馨
鷲田 哲夫
黒川 直則
黒板 勝美
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 総論. 1 日本古文書学の展開

Nihon komonjogaku ronshu
巻冊次 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1986.11
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 4642012567
NCID BN00818314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87002496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
総論. 1 日本古文書学の展開 宝月圭吾, 高橋正彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想