落語はいかにして形成されたか

延広真治 著

悪態・狂歌師たち・江戸落語。大工の棟梁にして団十郎の熱烈なファン、高名な戯作者にして両国の見世物の仕掛人、この魅力的な人物烏亭焉馬を中心に"遊び"の江戸文化をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 烏亭焉馬
  • (下町派の講頭
  • 江戸落語中興の祖)
  • 『太平楽巻物』
  • 咄の会
  • 三笑亭可楽
  • 林屋正蔵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語はいかにして形成されたか
著作者等 延広 真治
書名ヨミ ラクゴ ワ イカニシテ ケイセイサレタカ
書名別名 Rakugo wa ikanishite keiseisaretaka
シリーズ名 叢書演劇と見世物の文化史
出版元 平凡社
刊行年月 1986.12
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4582260144
NCID BN00813059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87021467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想