流域の地方史 : 社会と文化

地方史研究協議会 編

東北水運史研究文献目録: p391~403

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 流域の地方史-社会と文化-/目次
  • 序文 児玉幸多
  • 最上川流域史の諸問題
  • 最上川流域における古墳文化の生成と展開 川崎利夫 / 2
  • 山形県における板碑をめぐる若干の問題-紀年銘板碑を中心に- 渋谷敏己 / 20
  • 戦国末期南奥羽における伊達氏包囲網について 粟野俊之 / 36
  • 近世初期庄内藩の支配と農民 井川一良 / 53
  • 米沢藩政と開発の問題 渡部史夫 / 73
  • 村山地方の商品流通をめぐる問題 伊豆田忠悦 / 92
  • 絵図にみる最上川の空間認識 小野寺淳 / 110
  • 若勢の押休みについて 大友義助 / 130
  • 最上川下流周辺地域における近世後期の農業と年貢-幕領地村々の事例を中心に- 本間勝喜 / 148
  • 明治初期農村の産物と市場と諸営業の存在形態-羽州村山地方の場合- 横山昭男 / 171
  • 明治初期山形県製糸業と「羽前エキストラ」 森芳三 / 198
  • 舟運史の諸問題
  • 北上川の舟運 石垣宏 / 210
  • 仙台藩買米制に関する一考察-後期買米を中心に- 齋藤鋭雄 / 233
  • 天明期における中利根川水運と商品流通-総州古河・船渡河岸と運賃・口銭値上げ問題- 丹治健蔵 / 257
  • 利根川舟運における小船の台頭-上流域を中心にして- 渡辺英夫 / 282
  • 天竜川水運における満島番所 村瀬典章 / 307
  • 近世安威川筋における特権川船と在方船との抗争 小林茂 / 327
  • 河川流域史の課題
  • 東北の流域史 渡辺信夫 / 352
  • 水俣川流域の社会史-フォークロアを介して- 色川大吉 / 367
  • 付録
  • 東北水運史研究文献目録 横山昭男 / 391
  • あとがき / 405
  • 執筆者紹介 / 407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 流域の地方史 : 社会と文化
著作者等 地方史研究協議会
書名ヨミ リュウイキ ノ チホウシ
出版元 雄山閣
刊行年月 1985.10
ページ数 409p
大きさ 22cm
ISBN 4639005180
NCID BN00812544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86059160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想