標準語の成立事情 : 日本人の共通ことばはいかにして生まれ、育ってきたのか

真田信治 著

標準語制定への動きは、すでに江戸末期に始まっていた。そのころすでに、商人や武士たちの常用語として江戸ことばは、共通語化しつつあったのである。その江戸ことばが、どのような経緯を経て「標準語」になったのか。戦国末期から江戸、明治、大正、そして現在まで日本語をめぐる様々なドラマを追いつつその成立事情を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 共通ことば感覚の誕生
  • 第2章 町人たちの日本語談義
  • 第3章 「標準語」の登場
  • 第4章 方言の分布と標準語
  • 第5章 歴史の流れとことばの変遷
  • 第6章 標準語の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 標準語の成立事情 : 日本人の共通ことばはいかにして生まれ、育ってきたのか
著作者等 真田 信治
書名ヨミ ヒョウジュンゴ ノ セイリツ ジジョウ
シリーズ名 21世紀図書館 84
出版元 PHP研究所
刊行年月 1987.3
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4569219616
NCID BN00810298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87025056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想