身近な気象の科学 : 熱エネルギーの流れ

近藤純正 著

[目次]

  • 1 温室効果
  • 2 大気中のエネルギー循環
  • 3 気圧と低気圧の発見
  • 4 偏西風と波動
  • 5 本州一寒い村
  • 6 大規模林野火災と異常強風
  • 7 金華山のシカの大量死事件
  • 8 天保大飢饉
  • 9 火山爆発と東北の冷夏
  • 10 集中豪雨
  • 11 十和田湖の冬の蒸発
  • 12 黒潮と大気
  • 13 漁業と海洋変動
  • 14 熱上昇流
  • 15 山と風
  • 16 融雪
  • 17 気候と生命
  • 18 気候と産業

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 1 温室効果 / 1
  • 1.1 大気上端における日射量 / 1
  • 1.2 地球・大気系の放射平衡温度 / 3
  • 1.3 温室効果 / 4
  • 1.4 気温の鉛直分布 / 6
  • 1.5 温室効果と気候変化 / 8
  • 2 大気中のエネルギー循環 / 11
  • 2.1 放射収支と熱の南北循環 / 11
  • 2.2 地表面の熱収支 / 14
  • 2.3 大気中のエネルギー循環 / 15
  • 2.4 水の不思議な働き / 17
  • 3 気圧と低気圧の発見 / 20
  • 3.1 気象学のはじまり / 20
  • 3.2 気圧 / 22
  • 3.3 気圧と高度の関係 / 23
  • 3.4 最初の天気図 / 25
  • 3.5 暴風のエネルギー / 27
  • 4 偏西風と波動 / 30
  • 4.1 コリオリの力 / 30
  • 4.2 地衡風 / 33
  • 4.3 温度風と偏西風 / 34
  • 4.4 偏西風の波動と熱の南北輸送 / 37
  • 5 本州一寒い村 / 40
  • 5.1 本州でいちばん寒い村 / 40
  • 5.2 放射冷却 / 42
  • 5.3 最大可能な冷却量 / 44
  • 5.4 実際の夜間冷却量 / 45
  • 5.5 盆地の冷却 / 46
  • 5.6 放射冷却による作物の温度低下 / 47
  • [大気放射のスペクトル] / 49
  • 6 大規模林野火災と異常強風 / 50
  • 6.1 大規模林野火災の概要 / 50
  • 6.2 熱混合風の発生メカニズム / 51
  • 6.3 強風の実態 / 53
  • 6.4 大規模林野火災に共通した条件 / 55
  • [地面付近の風速の高度分布] / 56
  • 7 金華山のシカの大量死事件 / 59
  • 7.1 金華山島の概要 / 60
  • 7.2 シカの大量死と異常寒波 / 60
  • 7.3 過去103年間の最低気温 / 63
  • 7.4 異常気象と災害 / 64
  • [斜面冷気流と熱循環] / 65
  • 8 天保大飢饉 / 67
  • 8.1 花井安列の天候日記 / 68
  • 8.2 天保7年夏の天候 / 70
  • 8.3 天保年間の夏の気温推定法 / 71
  • 8.4 天保7年と近年の大冷夏の比較 / 74
  • 8.5 天保大飢饉年の米の作柄 / 74
  • 8.6 冷夏による東北の大凶作 / 76
  • 9 火山爆発と東北の冷夏 / 79
  • 9.1 火山爆発と噴煙の広がり / 79
  • 9.2 日射の減衰 / 83
  • 9.3 金華山の気温低下 / 84
  • 9.4 火山爆発の影響の仮説 / 87
  • 9.5 1816年米国東北の異常低温 / 88
  • [太陽光のスペクトル] / 89
  • 10 集中豪雨 / 90
  • 10.1 1982年7月の長崎豪雨 / 90
  • 10.2 積乱雲の生涯 / 91
  • 10.3 積乱雲群の3つの型 / 93
  • 10.4 帯状の豪雨 / 95
  • 10.5 地形性豪雨 / 97
  • 10.6 豪雨の形成機構 / 98
  • 11 十和田湖の冬の蒸発 / 100
  • 11.1 水面蒸発を求める方法 / 101
  • 11.2 蒸発量の季節変化 / 102
  • 11.3 貯熱量の役割 / 104
  • 11.4 ボーエン比の気温依存性 / 105
  • 11.5 海面におけるボーエン比 / 106
  • 12 黒潮と大気 / 108
  • 12.1 黒潮の流れ / 108
  • 12.2 海面から大気への熱輸送量 / 110
  • 12.3 大気の加熱と季節風の維持 / 112
  • 12.4 低気圧の発生・発達 / 113
  • 12.5 黒潮の源流 / 115
  • 13 漁業と海洋変動 / 119
  • 13.1 漁獲量の長期変動 / 120
  • 13.2 水温のジャンプ / 124
  • 13.3 魚の集団死亡事件 / 126
  • 13.4 気温のジャンプ / 127
  • 13.5 エルニーニョ / 128
  • 14 熱上昇流 / 130
  • 14.1 グライダーと熱上昇流 / 130
  • 14.2 熱上昇流の観測 / 131
  • 14.3 安定・不安定と温位 / 132
  • 14.4 安定層内の波動 / 133
  • 14.5 不安定層内の鉛直速度 / 135
  • 14.6 大陸移動と地球内部の対流 / 137
  • 15 山と風 / 141
  • 15.1 八甲田山遭難 / 141
  • 15.2 山頂の風速 / 142
  • 15.3 迂回流と山越え気流 / 143
  • 15.4 風速の日変化 / 146
  • 15.5 慣性振動 / 148
  • 15.6 気圧傾度に及ぼす斜面効果 / 149
  • 16 融雪 / 151
  • 16.1 融雪洪水 / 152
  • 16.2 熱収支と雪中温度 / 153
  • 16.3 凝結の影響 / 157
  • 16.4 南極から氷山を運ぶ話 / 158
  • 17 気候と生命 / 161
  • 17.1 米生産とエネルギー / 161
  • 17.2 人間の摂取カロリー / 164
  • 17.3 人体からの熱放出 / 164
  • 17.4 都市気候 / 166
  • 17.5 物体の表面温度 / 169
  • 17.6 宇宙船地球号 / 170
  • 18 気候と産業 / 172
  • 18.1 東北の気候 / 172
  • 18.2 雪と水資源 / 172
  • 18.3 冷害 / 173
  • 18.4 気候と日本の経済 / 175
  • 18.5 怒りのぶどう / 178
  • 18.6 自然環境の利用 / 179
  • 索引 / 181
  • あとがき / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 身近な気象の科学 : 熱エネルギーの流れ
著作者等 近藤 純正
書名ヨミ ミジカナ キショウ ノ カガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.1
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 4130620886
NCID BN00809299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想