チュチェ思想概説 : 愛と統一の実践哲学

井上周八 著

マルクス・レーニン主義を受け継ぎながらも、それを現代の要請に応えて新しい段階へ発展させた独想的な金日成主席の思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 チュチェ思想とはどんな思想か
  • 第1章 チュチェ思想の創始と発展
  • 第2章 チュチェ思想の物質観-世界の一般的特徴について
  • 第3章 物質の運動・変化・発展の法則-弁証法について
  • 第4章 チュチェ思想の人間観
  • 第5章 世界における人間の地位と役割
  • 第6章 チュチェ思想の社会観
  • 第7章 社会的運動の一般的法則
  • 第8章 チュチェ思想の歴史観
  • 第9章 チュチェ思想の方法論
  • 第10章 チュチェ思想の人生観
  • 第11章 人類の理想社会
  • 第12章 チュチェ思想の独創性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チュチェ思想概説 : 愛と統一の実践哲学
著作者等 井上 周八
書名ヨミ チュチェ シソウ ガイセツ
出版元 雄山閣
刊行年月 1987.1
ページ数 454p
大きさ 22cm
ISBN 4639006233
NCID BN00809233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想