官僚制の形成と展開

近代日本研究会 編

本年報の特集では執筆者が自らのテーマに取り組む際、官僚制を歴史内在的に位置づけるよう配慮している。さらに官僚制の問題を、あるいは政治体制との関連で、あるいは立法過程の展開に沿って、あるいは政策決定過程全体とのかかわりで、あるいは思想史的流れの中で、というようにより広い文脈から検討するよう試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 維新官僚の形成と太政官制(松尾正人)
  • 宮中の制度化と内閣制度の創設-伊藤博文の政治指導を中心に(坂本一登)
  • 明治憲法下における会計制度の形成-剰余金支出の問題を中心に(小柳春一郎)
  • 司法官刷新問題と第一次大隈内閣-横田国臣検事総長懲戒問題を中心に(楠精一郎)
  • 独立・官吏・創業-明治思想史における「政治家」と「官僚」(坂本多加雄)
  • 陸軍軍縮の財政と政治-政党政治体制確立期の政・軍関係(高橋秀直)
  • 政党内閣と商工官僚-田中義一内閣の産業立国策をめぐって(土川信男)
  • 戦後日本金融システムの形成(伊藤修)
  • 水資源開発と戦後政策決定過程(御厨貴)
  • 財政硬直化キャンペーンの挫折と予算過程の変容(山口二郎)
  • 昭和期陸軍エリート研究・序説(筒井清忠)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官僚制の形成と展開
著作者等 松尾 正人
近代日本研究会
書名ヨミ カンリョウセイ ノ ケイセイ ト テンカイ
書名別名 Kanryosei no keisei to tenkai
シリーズ名 年報・近代日本研究 8(1986)
出版元 山川出版社
刊行年月 1986.11
ページ数 327p
大きさ 21cm
ISBN 4634613808
NCID BN00807442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87007295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想