父性的宗教母性的宗教

松本滋 著

宗教文化の根底にあるもの。「父なるもの」「母なるもの」をめぐって人間のあり方と宗教の役割を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 父性的宗教 母性的宗教-日本文化伝統への一視点
  • 2 自律と成熟-母なるもの・父なるものとの関わりにおいて
  • 3 父なる神と母なる神-宗教における規範性と包容性
  • 4 "ますらをぶり"と"たをやめぶり"-日本人の人間観の二側面
  • 5 女性的なるもの-深層心理学的類型化の試み
  • 6 現代人と宗教-「母性的」および「父性的」宗教の段階を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父性的宗教母性的宗教
著作者等 松本 滋
書名ヨミ フセイテキ シュウキョウ ボセイテキ シュウキョウ
シリーズ名 UP選書 253
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.1
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4130020536
NCID BN00807307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想