内なる中国

竹内好 著

支那でなく中国をいち早く誌名に用いた若き雑誌編集主幹時代の「<アメリカと中国>特輯に寄せて」から、日中国交回復への感想「前事不忘、後事之師」まで、歴史の底流に対する最も確かな視点をもって現代中国と日中関係について発言しつづけた著者の時務論を編集。大陸を眺めるその感性を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 孫文観の問題点
  • 思想家としての魯迅
  • 防衛抵抗主義の毛沢東
  • 明治維新と中国革命
  • 周作人から核実験まで
  • 胡適とデューイ
  • タゴールと中国
  • 魯迅と林語堂
  • 戴季陶の『日本論』
  • 中国と私
  • 支那を書くということ
  • 「アメリカと中国」特輯に寄せて
  • 佐藤春夫先生と北京
  • 大東亜文学者大会について
  • 中国のレジスタンス
  • 満州国研究の意義
  • 戦後から戦前へ
  • 内なる中国
  • 「わからない」という意味
  • 「前事不忘、後事之師」
  • 魯迅を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内なる中国
著作者等 竹内 好
書名ヨミ ウチナル チュウゴク
シリーズ名 筑摩叢書 308
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.2
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4480013083
NCID BN00802427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想