TRONからの発想

坂村健 著

超コンピュータの鼓動…。TRONとは何か。いかに発想されたのか。TRONの未来社会はどうなるのか。90年代を目指す超コンピュータ構築プロジェクトTRONを、設計者自ら語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜTRONか(すべてはノイマンから始まった
  • 動かないコンピュータ
  • なぜ動かないのか
  • 解決策を求めて)
  • 第2章 TRONプロジェクト(歴史的背景
  • ITRON
  • BTRON
  • μBTRON
  • TRONチップ
  • その他のサブプロジェクト)
  • 第3章 TRONのネットワーク社会(コンピュータによる通信
  • コンピュータ教育
  • 法体系の整備
  • 文化としてのコンピュータ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 TRONからの発想
著作者等 坂村 健
書名ヨミ トロン カラノ ハッソウ
書名別名 Toron karano hasso
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.2
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 4000057316
NCID BN00799570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想