日本古代法制史

利光三津夫 著

[目次]

  • 第1章 まえがき
  • 第2章 上代(上代法制史の限界
  • 法源
  • 国家組織
  • 刑法
  • 司法制度
  • 家族制度
  • 財産法
  • 冠位十二階、十七条憲法)
  • 第3章 中古 前期(法変遷の趨勢
  • 法典編纂
  • 律令の国家組織
  • 律令的臣民土地支配
  • 親族・相続法
  • 刑事制度
  • 裁判制度
  • 律令の実施)
  • 第4章 中古 後期(律令の変質)
  • 外篇 法と国民性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代法制史
著作者等 利光 三津夫
書名ヨミ ニホン コダイ ホウセイシ
書名別名 Nihon kodai hoseishi
出版元 慶応通信
刊行年月 1986.8
ページ数 171p
大きさ 22cm
ISBN 4766403495
NCID BN00792990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86054337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想