モンスーン : 季節をもたらす風と雨

村上多喜雄 著

国際的モンスーン観測(MONEX)の観測データが整備された1980年以後モンスーンの研究は飛躍的に進歩した。この本はモンスーンの研究が盛んになった1970年以後の論文をまとめたものである。MONEXを通じて未解決のまま残されていた多くの問題が解明されたが、同時に新しいモンスーン現象が数多く発見された。この意味でモンスーン気象学は完成されたものではなく発展途上にあると言える。したがってこの本は系統だった教科書的内容のものではなく、現在までに解明されているモンスーン諸現象についての解析的記述に主力を注ぐ。

「BOOKデータベース」より

参考文献: p182~195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 モンスーンとは
  • 1章 大規模モンスーン循環
  • 2章 モンスーンの入りと明け
  • 3章 モンスーン循環に及ぼす地形効果
  • 4章 モンスーンの活動期と休止期
  • 5章 モンスーン擾乱(中層低気圧
  • モンスーン低気圧)
  • 6章 30-60日周期変動
  • 7章 年々のモンスーン変動

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 序章 モンスーンとは / 3
  • 1章 大規模モンスーン循環 / 10
  • 1.1 冷熱源分布 / 10
  • 1.2 モンスーン循環 / 15
  • 1.3 赤道対称循環 / 26
  • 1.4 モンスーン循環における渦度とエネルギー・バランス / 31
  • 1.5 ソマリ・ジェット / 40
  • 2章 モンスーンの入りと明け / 48
  • 2.1 インドにおけるモンスーンの入り / 49
  • 2.2 オーストラリアにおけるモンスーンの入り / 56
  • 2.3 過渡期におけるモンスーン循環 / 64
  • 3章 モンスーン循環に及ぼす地形効果 / 72
  • 3.1 大規模定常擾乱に及ぼす影響 / 72
  • 3.2 チベット高原上の冷熱源分布 / 78
  • 3.3 チベット高原周辺における局地的定常循環 / 84
  • 3.4 チベット高原周辺における擾乱 / 89
  • 3.5 地形とモンスーン擾乱 / 95
  • 4章 モンスーンの活動期と休止期 / 103
  • 4.1 インドにおけるモンスーン活動期と休止期 / 103
  • 4.2 オーストラリアにおけるモンスーン活動期と休止期 / 111
  • 5章 モンスーン擾乱 / 117
  • 5.1 中層低気圧 / 119
  • 5.2 モンスーン低気圧 / 122
  • 6章 30-60日周期変動 / 129
  • 6.1 30-60日振動の北進とインド・モンスーンの変動 / 132
  • 6.2 30-60日振動の東進とインド・モンスーンの変動 / 136
  • 6.3 季節変動と擾乱の影響 / 141
  • 6.4 年による30-60日振動の性質の違い / 145
  • 6.5 帯状平均流と中緯度ジェットの30-60日振動 / 152
  • 6.6 数値モデルによる30-60日振動 / 159
  • 7章 年々のモンスーン変動 / 167
  • 7.1 オーストラリア・モンスーンの年による変動 / 167
  • 7.2 インド・モンスーンの年による変動 / 172
  • おわりに / 179
  • 参考文献 / 182
  • 付録 本書で使用した主な記号と略語 / 196
  • 索引 / 197

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 モンスーン : 季節をもたらす風と雨
著作者等 村上 多喜雄
書名ヨミ モンスーン
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 第2期 3
出版元 東京堂
刊行年月 1986.11
ページ数 198p
大きさ 22cm
ISBN 4490201117
NCID BN00790102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想