声と現象 : フッサール現象学における記号の問題への序論

ジャック・デリダ 著 ; 高橋允昭 訳

本書においてデリダは、『論理学研究』に見られる記号概念の分析を通じて、その模様を的確にあばきだすとともに、形而上学の囲いの踏み越えを示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記号というものと諸記号
  • 第2章 指標の還元
  • 第3章 独語としての意義作用
  • 第4章 意義作用とルプレザンタシオン
  • 第5章 記号とまばたき
  • 第6章 沈黙を守る声
  • 第7章 根源の補欠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 声と現象 : フッサール現象学における記号の問題への序論
著作者等 Derrida, Jacques
高橋 允昭
デリダ ジャック
書名ヨミ コエ ト ゲンショウ
出版元 理想社
刊行年月 1970
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 4650101964
NCID BN00789806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74004290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想