時間の身振り学 : 市場社会の表層へ

佐伯啓思 著

高度市場社会の表層に乱流するさまざまな現象の雑踏にわけいり、これらの社会現象の意味を時間論と交差させて読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 時間(喪失体験の喪失
  • 時間のキネシクス
  • 「時は金なり」の精神病理学
  • 高度成長の幻想とオイディプス家族
  • <死のポルノグラフィー>と<死のエコノミー>)
  • 2 貨幣(資本主義は国境を越えたか
  • 人は貨幣から逃れうるか
  • 「言語のゲーム」と「貨幣のゲーム」
  • 「匿名の仮面」と商品のロジック
  • ヴェニスの商人の倫理と資本主義の精神
  • 交換のアルケオロジーから)
  • 3 情報(コンピューター・エイジのムネモシュネー
  • 情報化経済のパラドックス
  • 情報化とゼロ度の資本主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間の身振り学 : 市場社会の表層へ
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ジカン ノ ミブリガク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.1
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4480853537
NCID BN0078496X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想