読むということ

御領謙 著

今日ほど、語の読みとりの基礎研究が必要とされる時はない。ワープロ時代のインターフェイス設計の基礎ともなる情報処理モデルを、実験および神経心理学から提唱。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 語とは何か
  • 2章 読語過程の実験心理学的分析
  • 3章 読語過程の理論的考察
  • 4章 難読症と読語過程
  • 5章 日本語読語過程の実験心理学的分析
  • 6章 日本語読語過程の理論的考察
  • 補稿 脳損傷に起因する読みの障害

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読むということ
著作者等 御領 謙
笹沼 澄子
書名ヨミ ヨム ト ユウ コト
シリーズ名 認知科学選書 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.2
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4130130552
NCID BN00758697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想