民法 : 体系的基礎知識

水本浩 著

民法を初めて学ぶ人々に最適の入門書。民法典の順序に従って叙述する方法と、市民生活の実際に即した体系で叙述する方法と、その双方の長所を折衷した様式で、身近かな暮しに生きている民法のいろいろな仕組みを解説する。講義経験豊かな筆者が、民法の全領域にバランスよく目配りしつつ、分かりやすい説明をハンディな体裁にまとめた。民法を暮しの法制度として具体的に理解するとともに、現実問題の解決に対応できる体系的能力を養うのに好適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 私権の種類・主体・客体
  • 第3章 財産権
  • 第4章 財産取引の一般法理
  • 第5章 各種の契約の特殊事項
  • 第6章 法律行為によらない権利の得喪
  • 第7章 団体法
  • 第8章 親族法
  • 第9章 相続法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民法 : 体系的基礎知識
著作者等 水本 浩
書名ヨミ ミンポウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.9
ページ数 298p
大きさ 19cm
ISBN 4641036306
NCID BN00756534
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想