中世ヨーロッパ結婚譚

M.ダッラピアッツァ 編 ; 永野藤夫 訳

中世末に表わされた結婚、夫婦生活、家政をテーマにした6篇の教訓話。聖性とがさつさの入り混った中世にあって、彼らは自分の結婚、夫、妻をどのように考えていたのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「(教会)法大全」第177条(ベルトルト・フォン・フライブルク)
  • 「第6の訳」(ニクラス・フォン・ヴィレ)
  • 「夫婦の愛と貞節、他のだらしない愛および不貞について」(アルブレヒト・フォン・アイプ)
  • 「聖なる結婚の規律の書」
  • 「結婚生活について」(パンフレットより)
  • 「指輪」(ハインリヒ・ヴィッテンヴィラー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパ結婚譚
著作者等 Dallapiazza, Michael
永野 藤夫
ダッラピアッツァ M.
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ケッコンタン
書名別名 Wie ein Mann ein fromm Weib soll machen

Chusei yoroppa kekkontan
出版元 白水社
刊行年月 1987.1
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 4560029245
NCID BN00756013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想