日本人はアジア人か : タイ人のみた日本人

クントン・インタラタイ 著

日本は経済大国になったが、日本人は本当のアジア人の一員かどうか疑問である。この本では日本と他のアジアを比較し、それについて述べてみようと思う。そして日本と他のアジアの相異点はどこにあるか、どうして日本がアジアの中で群を抜いて工業化がすすんでいったか。また、日本人が他のアジアからどのように見られているかについても考えてみたい。私はアジア人を代表するつもりはない。そして私の方法論は、他の学者の本や論文を読んで生まれた意見ではなく、自分の経験から結論を生み出すことである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本はアジアか?
  • 2 パターン化した日本人
  • 3実際的な日本人
  • 4 日本の人間関係
  • 5 日本の近代化の中身
  • 6 なぜアジアで日本だけが近代化できたか
  • 7 アジア人からみた日本人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人はアジア人か : タイ人のみた日本人
著作者等 Intarathai, Khoontong
Kunton Intaratai
クントン インタラタイ
書名ヨミ ニホンジン ワ アジアジン カ
書名別名 Nihonjin wa ajiajin ka
出版元 学生社
刊行年月 1987.1
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 4311601115
NCID BN00750629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87047996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想