目の中の劇場 : アリス狩り

高山宏 著

<知>とは<眼差し>による世界認識に他ならず、<眼差し>に切り刻まれた微細な断片と化した自然のあくなき所有願望こそ、<知>に囚われた近代人の病理と言えよう。文化としての<眼差し>の生成と展開を、18世紀より現代にまで通底するピクチュアレスク美学によって検証し、視線に呪縛された今日の思想と芸術の脱構築を計る大胆な評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 星のない劇場
  • 王権神授のドラマトゥルギー-遠近法の政治学
  • 目の中の劇場-ゴシック的視覚の観念史
  • 庭の畸型学-凸面鏡の中の<近代>の自画像
  • 迷宮の言語都市-アンチ・ピクチュアレスクの一形式〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目の中の劇場 : アリス狩り
著作者等 高山 宏
書名ヨミ メ ノ ナカ ノ ゲキジョウ
出版元 青土社
刊行年月 1985.5
ページ数 412p
大きさ 22cm
ISBN 4791753623
NCID BN00744331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85052545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想