国家間関係と政策決定

武者小路 公秀;臼井 久和【編】

[目次]

  • 国際政策科学の展望-「予防の政治学」を求めて
  • メディアと米国の外公政策-左翼と右翼によるメディア批判の検討
  • 国際的危機における脅威と暴力
  • 抑止政策の回顧と展望
  • オルターナティヴ・セキュリティの模索-戦後の日米関係と安全保障
  • 世界政治における通商国家
  • 対外債務の処理 今と昔-理論家のための歴史の教訓
  • アクター、レヴェル、およびシステムの多元性について-「経験主義的多元主義のアプローチ」対「大理論的アプローチ」
  • 国家体系とその批判者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家間関係と政策決定
著作者等 武者小路 公秀
臼井 久和
書名ヨミ コツカカンカンケイトセイサクケツテイ
シリーズ名 転換期世界の理論的枠組み 1
出版元 有信堂高文社
刊行年月 1987.2.10
ページ数 252,7p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN00743179
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想