超越・外傷・神曲 : 存在論を超えて

エマニュエル・レヴィナス 著 ; 内田樹, 合田正人 編訳

現象学から実存主義、さらに構造主義へ至る現代思想の流れの中でその動向をリードするとともに「反時代的考察」を選びとってきたレヴィナスの思想的営為をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 存在論復興とナチズムの影(1934-1935)
  • 2 迷路と脱出(1936)
  • 3 死の王国から他なるものへ(1937-1940)
  • 4 影たちの彷徨(1946-1949)
  • 5 発露する顔(1951)
  • 6 『全体性と無限』への道(1953-1957)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超越・外傷・神曲 : 存在論を超えて
著作者等 Lévinas, Emmanuel
内田 樹
合田 正人
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ チョウエツ ガイショウ シンキョク
出版元 国文社
刊行年月 1986.9
ページ数 428p
大きさ 20cm
NCID BN0073532X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86056535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想