女という快楽

上野千鶴子 著

「女と男の関係の解放」を説きつづけ、時代の稀有な転換点をスリリングな発見は共に生きたフェミニストのすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 対幻想論
  • 2 <外の性>-性の自由とその帰結(中上健次と「ケモノ」願望
  • 富岡多恵子と「動物」願望
  • 性のトポス-その非対称性)
  • 3 性の病理学-変態からセリバシーまで
  • 4 主婦論争を解読する
  • 5 「主婦になる自由」の罠
  • 6 個の解放と種の解放
  • 7 産む性・産まない性
  • 8 日本型フェミニズムの可能性
  • 9 近代家族の解体と再編-核家族の孤立をどう脱け出すのか
  • 10 家族の空想社会科学
  • 11 国家という分配ゲーム-家族と国家のゆくえ
  • 12 家族の中の企業社会
  • 13 おんな並みでどこが悪い
  • 14 女のかしこさ
  • 15 女性にとっての性の解放

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女という快楽
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ オンナ ト ユウ カイラク
書名別名 Onna to yu kairaku
出版元 勁草書房
刊行年月 1986.11
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 4326650664
NCID BN00711263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87009849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想