日本考古学論集  6 (墳墓と経塚)

斎藤忠 編

本巻では、墳墓と経塚とについてとりあげた。この二つの遺跡は、異質的な観があるかも知れないが、日本人の精神史に関する問題として、祭祀遺跡とともに最も重要なものであり、新しい試みとして、一巻の中にとりあげた。墳墓関係において、葬法や墓の築造、遺骸を納める施設に触れ、埴輪の問題を含めた。経塚については、重要な課題である発生や営造の課題を把えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学史的展望(中世の墳墓
  • 経文埋没の種類と其の主意)
  • 第1章 葬法の展開(縄文合葬論
  • 甕棺の他界観の系統性
  • 日本における再葬(洗骨葬)の展開
  • 中世庶民共同墓地における火葬普及の様相)
  • 第2章 墓の築造(弥生時代の配石墓について
  • 前方後円墳の築造企画と型式学的研究
  • 日本における古代火葬墓の分類
  • 卒都婆建立の意味
  • 墳墓堂について)
  • 第3章 遺骸の施設(古式古墳の竪穴石室の構築について
  • 日本における横穴式石室の系譜)
  • 第4章 埴輪(埴輪研究はどこまで進んでいるか
  • 初期の朝顔形埴輪)
  • 第5章 経塚の発生(埋経の源流をめぐる問題
  • 埋経の源流
  • 八幡信仰と経塚の発生)
  • 第6章 経塚の営造(経塚の営造について
  • 願文より見た瓦経塚造営の意趣)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本考古学論集
著作者等 斎藤 忠
書名ヨミ ニホン コウコガク ロンシュウ
書名別名 墳墓と経塚

Nihon kokogaku ronshu
巻冊次 6 (墳墓と経塚)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.1
ページ数 511p
大きさ 22cm
ISBN 4642076514
NCID BN00710136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想