経済学のすすめ

伊東光晴, 佐藤金三郎 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 一 経済学を学ぶまえに / p3
  • 経済学は新しい学問である / p3
  • 経済学は法則科学である / p9
  • 異なる立場と学問研究 / p22
  • 二 経済学的考え方 / p39
  • 経済学的とらえ方と技術的とらえ方 / p39
  • 事実発見の重要性と結合の誤りの洞察 / p53
  • 経済制度のちがい / p61
  • 三 古典に学ぶ / p73
  • 古典研究の意義 / p73
  • 古典の時代 / p84
  • 二つの経済学の成立 / p96
  • 四 マルクス経済学に学ぶ / p109
  • マルクス経済学をみる目 / p109
  • 資本主義社会の経済的運動法則 / p118
  • 資本主義の最高の段階としての帝国主義 / p144
  • マルクス経済学の課題 / p150
  • 五 近代経済学に学ぶ / p153
  • ミクロ理論の問題点 / p153
  • マクロ経済学の成果 / p172
  • 軽量経済学の重要性 / p191
  • 六 経済学と現代 / p201
  • 付録一 経済学を学ぶために / p221
  • 付録二 経済学を築いた人びと / p234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学のすすめ
著作者等 伊東 光晴
佐藤 金三郎
書名ヨミ ケイザイガク ノ ススメ
書名別名 Keizaigaku no susume
シリーズ名 学問のすすめ ; 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1968
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 4480031030
NCID BN00707608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68006428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想