大気対流の科学 : 大気運動の素過程を探る

浅井富雄 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 1章 空気の鉛直運動
  • 1.1 対流と大気運動 / 3
  • 1.2 空気塊の断熱運動 / 5
  • (1) 熱力学第一法則 / 5
  • (2) 断熱過程 / 8
  • (3) 断熱気温減率 / 12
  • 1.3 絶対不安定と条件付不安定 / 14
  • 1.4 対流不安定 / 18
  • 1.5 補償流の効果 / 20
  • 2章 一様加熱による対流
  • 2.1 ベナールの実験 / 24
  • 2.2 大気中における細胞状対流 / 25
  • 2.3 レイリーの理論 / 31
  • 2.4 有限振幅対流と熱輸送 / 39
  • (1) 第一遷移 / 39
  • (2) 第二遷移 / 41
  • (3) 第三および第四遷移 / 43
  • (4) 第五遷移 / 46
  • 3章 局所加熱による対流
  • 3.1 気泡と噴流 / 47
  • 3.2 エントレインメントによる混合効果 / 53
  • 3.3 サーマル / 58
  • 3.4 プリューム / 63
  • (1) ジェット / 63
  • (2) 運動量補給のないプリューム / 64
  • (3) 強制プリューム / 67
  • 3.5 対流雲への応用 / 68
  • (1) 質量保存則 / 69
  • (2) 運動方程式 / 70
  • (3) 熱力学的過程 / 71
  • (4) 水分の保存則 / 73
  • (5) 微物理学的過程のパラメタリゼーション / 74
  • 4章 積雲対流
  • 4.1 湿潤大気中の対流 / 79
  • 4.2 条件付不安定の線型理論 / 81
  • 4.3 超臨界安定度における積雲対流 / 87
  • 4.4 第二種の条件付不安定 / 96
  • 5章 鉛直シアー風中の対流
  • 5.1 ロール状対流 / 105
  • 5.2 地球上で見られる縞状のパターン / 110
  • 5.3 シアー流中の対流 / 118
  • 6章 中規模対流
  • 6.1 扁平な細胞状対流雲 / 129
  • 6.2 扁平対流の形成機構 / 138
  • 6.3 開細胞型と閉細胞型対流 / 142
  • 6.4 積乱雲 / 146
  • (1) 初期のモデル / 146
  • (2) ライフサイクル / 147
  • (3) 雲力学の誕生 / 150
  • (4) 積乱雲の持続機構 / 151
  • 6.5 中規模渦状擾乱 / 155
  • 7章 対流混合層
  • 7.1 大気と海洋の境界層 / 160
  • 7.2 混合層の構造 / 164
  • 7.3 混合層モデルの定式化 / 172
  • (1) 熱エネルギーの保存 / 172
  • (2) 乱流運動エネルギー収支 / 173
  • (3) シアーによる乱流運動エネルギー生成 / 175
  • (4) 平均鉛直流の影響 / 176
  • (5) 種々の物理量の混合 / 176
  • 7.4 水平勾配のある定常混合層 / 177
  • 7.5 海洋上における混合層発達過程 / 180
  • 8章 対流雲のパラメタリゼーション
  • 8.1 パラメタリゼーション / 186
  • 8.2 対流調節 / 188
  • 8.3 貫入対流雲モデル / 192
  • (1) 大山,チャーニイ・エリアッセン方式 / 193
  • (2) クオ方式 / 193
  • 8.4 対流雲群モデル / 194
  • (1) 単一対流雲型 / 194
  • (2) 多重対流雲型 / 199
  • 参考文献 / 211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気対流の科学 : 大気運動の素過程を探る
著作者等 浅井 富雄
書名ヨミ タイキ タイリュウ ノ カガク
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 14
出版元 東京堂
刊行年月 1983.6
ページ数 220p
大きさ 22cm
ISBN 4490200692
NCID BN00702615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83046169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想