大気科学講座  3

岸保勘三郎, 浅井富雄 編

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 1章 序説 / 1
  • 1.1 大気の区分 / 1
  • 1.2 「中層大気」とその特色 / 3
  • 2章 中層大気の微量成分 / 6
  • 2.1 大気組成の高度変化 / 7
  • 2.2 太陽紫外線の吸収と分子の光解離 / 16
  • 2.3 オゾン層の生成理論 / 25
  • 2.4 成層圏オゾンの世界分布 / 35
  • 2.5 中性微量成分の光化学反応 / 40
  • 2.6 成層圏オゾンの人工汚染 / 54
  • 2.7 成層圏エアロゾル / 58
  • 2.8 中間圏のイオン光化学 / 65
  • 2.9 惑星大気の組成 / 69
  • 3章 温度構造と放射平衡 / 75
  • 3.1 中層大気の温度分布 / 76
  • 3.2 成層圏の発見とその成因論 / 81
  • 3.3 放射平衡-灰色大気の近似 / 86
  • 3.4 現実的大気の放射伝達 / 98
  • 3.5 現実的大気の放射平衡 / 113
  • 3.6 放射熱収支 / 124
  • 4章 中層大気の流れと大循環の力学 / 127
  • 4.1 中層大気の風の観測 / 128
  • 4.2 中層大気の平均運動 / 132
  • 4.3 成層圏の四季 / 141
  • 4.4 大気力学の基礎方程式 / 145
  • 4.5 平均循環の力学 / 150
  • 4.6 中層大循環の安定性 / 166
  • 5章 大気の波動とそれに伴う現象 / 168
  • 5.1 音波と内部重力波 / 168
  • 5.2 長周期の波動 / 182
  • 5.3 流れの中での波の伝播 / 209
  • 5.4 波のつくる流れ / 224
  • 5.5 準二年周期振動と突然昇温 / 234
  • 5.6 半年周期振動と下部熱圏の東西流 / 252
  • 6章 中層大気の数値モデル / 256
  • 6.1 数値モデル / 256
  • 6.2 下部成層圏の温度構造 / 257
  • 6.3 中層大気大循環におけるプラネタリー波の役割 / 259
  • 6.4 オゾンの分布 / 262
  • 6.5 微量成分分布の二次元モデル / 266
  • 引用文献 / 269
  • 索引 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気科学講座
著作者等 島崎 達夫
松野 太郎
浅井富雄
岸保勘三郎
書名ヨミ タイキ カガク コウザ
書名別名 成層圏と中間圏の大気

Taiki kagaku koza
巻冊次 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1981.10
ページ数 279p
大きさ 22cm
ISBN 4130640585
NCID BN00700937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82000582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
成層圏と中間圏の大気 島崎達夫, 松野太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想