大気境界層の科学 : 大気と地球表面の対話

近藤純正 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 1章 大気中のエネルギー循環と境界層
  • 1.1 地球大気の放射平衡 / 3
  • (1) 地球・大気系の平衡温度 / 3
  • (2) 温室効果 / 5
  • (3) 大気温度の鉛直分布 / 6
  • 1.2 熱の循環と収支 / 12
  • (1) 放射収支と熱の南北輸送 / 12
  • (2) 地表面の熱収支と水循環 / 14
  • 1.3 境界層の役割 / 17
  • (1) 乱れによる輸送量 / 17
  • (2) 大規模運動に及ぼす境界層摩擦 / 22
  • (3) 角運動量の南北輸送と地面摩擦 / 26
  • 2章 境界層の観測
  • 2.1 古典的研究と乱流輸送の概念 / 30
  • (1) テイラー卿の大気境界層の解析 / 30
  • (2) 接地層における風速の対数分布 / 35
  • 2.2 おもな観測要素 / 39
  • (1) 平均値 / 40
  • (2) 乱れの強さと変動の形 / 41
  • (3) 2成分の相関量とフラックス / 44
  • (4) 安定度 / 46
  • 2.3 測器の概要 / 49
  • (1) 風速計 / 49
  • (2) 温度計と湿度計 / 53
  • (3) 放射計 / 55
  • 2.4 観測のプラットホーム / 58
  • (1) 観測塔 / 58
  • (2) 航空機 / 61
  • (3) 気球 / 62
  • (4) 海上施設 / 63
  • 3章 基本的な測器の原理と誤差
  • 3.1 温度計と放射計と熱線風速計の共通原理 / 67
  • 3.2 温度計 / 71
  • (1) 時定数 / 71
  • (2) 放射の影響 / 73
  • (3) 自己加熱 / 76
  • 3.3 乾湿計定数 / 78
  • (1) 通風速度の影響 / 78
  • (2) 見かけの長期変動 / 81
  • 3.4 三杯風速計の回り過ぎ / 83
  • (1) u-誤差 / 83
  • (2) v-誤差 / 89
  • (3) w-誤差 / 91
  • 3.5 超音波風速計の傾斜による誤差 / 92
  • 4章 境界層の厚さと平均風速の鉛直分布
  • 4.1 境界層の厚さ / 97
  • (1) 摩擦層高度の古典的理論 / 99
  • (2) 観測との比較 / 102
  • (3) 議論 / 103
  • 4.2 上層風と地上風の関係 / 108
  • (1) ロスビー数相似則 / 109
  • (2) 非中立時のロスビー数相似則 / 113
  • (3) 水平温度勾配があるときの関係 / 118
  • 4.3 接地層の風速鉛直分布 / 120
  • (1) 中立に近いときのシアー関数 / 122
  • (2) 不安定と安定時のシアー関数 / 123
  • 5章 境界層の乱流構造と遷移過程
  • 5.1 不安定時の乱流構造 / 125
  • (1) 乱流強度 / 125
  • (2) 熱供給と混合層の厚さ / 130
  • (3) 混合層内のプルーム構造 / 132
  • 5.2 安定時の乱流構造 / 134
  • (1) 乱流強度と摩擦層高度 / 134
  • (2) 安定層で起こる間欠的乱流 / 137
  • 5.3 遷移過程 / 140
  • (1) 気温鉛直分布の日変化 / 140
  • (2) 混合層の発達 / 141
  • (3) 安定層形成と大気放射の役割 / 150
  • (4) 準定常冷却時における関係式 / 151
  • 6章 植物とエネルギーの交換
  • 6.1 エネルギー交換場としての地表 / 154
  • 6.2 植物とエネルギー / 156
  • (1) 生物圏のエネルギーサイクル / 156
  • (2) 植物と外界との熱交換 / 159
  • (3) 光合成エネルギーと蒸散 / 161
  • (4) 水分と無機質の吸い上げ機構 / 167
  • 6.3 植物葉面のモデル化 / 171
  • (1) 葉面の蒸散コンダクタンス / 171
  • (2) 葉面の平衡温度と蒸散 / 178
  • (3) キャノピー層とエネルギー交換 / 181
  • 7章 大気と海洋間のガス交換
  • 7.1 海水中の溶存物質とガス溶解度 / 183
  • (1) 溶存ガス / 183
  • (2) ヘンリーの法則 / 184
  • 7.2 二酸化炭素の交換 / 187
  • (1) 海水中に溶解している全炭酸量 / 187
  • (2) 海洋の炭酸貯蔵能力と緩衝作用 / 189
  • (3) 海水内の炭酸物質のフラックス / 191
  • 7.3 ガス交換係数の測定 / 197
  • (1) 風洞水槽実験 / 197
  • (2) ラドンの利用 / 200
  • 7.4 ガス交換係数のパラメータ化 / 202
  • (1) ガスのフラックスの表現 / 202
  • (2) 滑面境界層に対する交換係数 / 204
  • (3) 粗面境界層に対する交換係数 / 212
  • エピローグ / 214
  • 参考文献 / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気境界層の科学 : 大気と地球表面の対話
著作者等 近藤 純正
書名ヨミ タイキ キョウカイソウ ノ カガク
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 4
出版元 東京堂
刊行年月 1982.1
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 4490200595
NCID BN00700132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82017165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想