素粒子の謎を追う

本間三郎 著

本書は、『科学朝日』に昭和59年1月から昭和60年12月まで24回にわたって連載された「素粒子万華鏡」に、いくつかの項目を付け加えてまとめたものである。「素粒子万華鏡」は、素粒子物理学のトピックスや問題点を歴史や人物にふれながら私見を交えて随筆風に書いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 クォークまで達した物質の究極
  • 2 実験を支える道具
  • 3 新粒子の発見をめぐって
  • 4 トピックスを追う
  • 5 夢の超光速粒子
  • 6 物質は重ね合わせられるか
  • 7 自然界の奥底を支配する法則
  • 終章 時間の中の物理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素粒子の謎を追う
著作者等 本間 三郎
書名ヨミ ソリュウシ ノ ナゾ オ オウ
シリーズ名 朝日選書 315
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1986.10
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4022594152
NCID BN00700041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想