大気大循環と気候

広田勇 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 1. 序論 / 1
  • 1.1 気象学とは何か / 1
  • 1.2 大気大循環のとらえ方 / 5
  • 2. 放射と熱収支 / 10
  • 2.1 基本的考察 / 10
  • 2.2 黒体放射 / 12
  • 2.3 放射平衡温度 / 14
  • 2.4 大気の温度 / 16
  • 2.5 日射 / 18
  • 2.6 タイムスケール / 21
  • 2.7 地球大気の熱収支 / 25
  • 3. 大気の運動I(理論的考察) / 29
  • 3.1 議論の方針 / 29
  • 3.2 ハドレー循環 / 30
  • 3.3 ハドレー説の修正 / 33
  • 3.4 摩擦とコリオリの効果 / 34
  • 3.5 ハドレー循環の安定性 / 36
  • 3.6 傾圧不安定とロスビー循環 / 37
  • 4. 大気の運動II(観測事実) / 41
  • 4.1 現象の時間空間スケール / 41
  • 4.2 観測値の問題点 / 44
  • 4.3 平均の取り方 / 45
  • 4.4 平均値の意味 / 47
  • 4.5 平均場の特徴 / 50
  • 5. 大気の運動III(波動とその作用) / 57
  • 5.1 渦と波 / 57
  • 5.2 高低気圧波動の構造 / 60
  • 5.3 波の水平構造と角運動量輸送 / 63
  • 5.4 熱輸送と角運動量輸送 / 66
  • 5.5 エネルギーサイクル / 68
  • 5.6 大気大循環の熱効率 / 70
  • 6. 成層圏中間圏の大循環 / 74
  • 6.1 議論の目的 / 74
  • 6.2 中層大気の特徴 / 75
  • 6.3 観測事実 / 76
  • 6.4 ハドレー循環 / 79
  • 6.5 プラネタリー波動 / 80
  • 6.6 エネルギー伝播 / 84
  • 6.7 プラネタリー波動の作用 / 87
  • 6.8 むすび / 89
  • 7. 気候論序説 / 91
  • 7.1 問題意識 / 91
  • 7.2 気候とは何か / 92
  • 7.3 気候へのアプローチ / 94
  • 7.4 気候における平均の意味 / 96
  • 7.5 気候の一意性と多意性 / 99
  • 8. 気候の変動 / 101
  • 8.1 変化とは何か / 101
  • 8.2 気候の安定性 / 103
  • 8.3 気候のタイムスケール / 106
  • 8.4 気候の遷移 / 110
  • 8.5 むすび / 114
  • 研究のおもしろさ-あとがきにかえて- / 117
  • 参考文献・事項索引 / 120

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気大循環と気候
著作者等 広田 勇
廣田 勇
書名ヨミ タイキ ダイジュンカン ト キコウ
書名別名 Taiki daijunkan to kiko
シリーズ名 UP アース・サイエンス ; 7
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1981.8
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 4130650572
NCID BN00699124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81042117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想