気候が変わる : そのインパクト

高橋浩一郎 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 3
  • 世界気候会議 / 3
  • 気候と文明 / 5
  • 気候と社会変動の関連への接近 / 8
  • 気候と社会 / 13
  • 気候の型 / 13
  • 年平均気温と年降水量による生態系のちがい / 18
  • 気候と生活 / 22
  • 気候と生物 / 25
  • 気候の年々の変動が人間社会に及ぼす影響 / 28
  • 自然災害の経年変化 / 31
  • 気候の歴史 / 35
  • 気候が変わる / 35
  • 日本の気候の歴史 / 37
  • 気候変化を探る近代技術 / 41
  • 世界の気候変化 / 44
  • 気候変化のスケールの認識 / 48
  • 気候変動の原因 / 51
  • 気候変動モデル / 56
  • 社会変動のパターンとリズム / 60
  • 社会変動の指標 / 60
  • 社会変動のパターン / 64
  • 社会変動のリズム / 67
  • 日本歴史のなかの八〇年サイクル / 72
  • 社会変動の数年のサイクル / 74
  • 社会変動の地理的関連 / 76
  • 気候変動と社会変動の関連 / 80
  • 気候変化と日本の社会変動の関連の分析 / 80
  • 気候変化とヨーロッパの社会変動との関連の分析 / 84
  • 自然環境の変化と時代の変り / 86
  • 気候・太陽活動と社会変動との関連の例 / 90
  • 年々の気候変動の影響 / 95
  • 気候変動と社会変動を結ぶもの / 97
  • 凶作と社会変動
  • 飢饉と社会 / 102
  • 凶作年による社会変動のキー・アナリシス / 104
  • 凶作・社会変動の関連のシミュレーション / 108
  • 八〇年周期を入れた凶作と社会変動のモデル / 112
  • 江戸時代における凶作と人口 / 115
  • 飢饉のブリックナー・サイクル / 119
  • ブリックナー周期の解析 / 124
  • 太陽活動の変動と社会変動 / 127
  • 太陽活動と社会 / 127
  • 太陽活動の指標 / 131
  • 太陽の黒点と生物の個体数の変動 / 134
  • 太陽活動の六〇年および八〇年周期と社会変動 / 139
  • 太陽活動の変動と社会変動の関連のシミュレーション / 141
  • 未来への展望 / 144
  • 転換期にある現代 / 144
  • 補外による気候および社会変動の予測 / 148
  • 大気中の炭酸ガスの増加 / 153
  • 未来に備えて / 158
  • あとがき / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 気候が変わる : そのインパクト
著作者等 高橋 浩一郎
書名ヨミ キコウ ガ カワル
書名別名 Kiko ga kawaru
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1980.8
ページ数 168p
大きさ 18cm
NCID BN00693310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80037893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想